唾液過多症 つわり対策

MENU

唾液過多症のつわりの場合何か対策はあるの?

つわりには色んな種類がありますが、中には自分の唾液でつわりが起きてしまう「唾液過多症」のつわりがあります。唾液が多くなり、その味で気持ち悪くなって飲みこめなくなるという症状が現れます。

 

洗面器やポリ袋などを常に持ち歩き、そこに唾液を吐き出しているという方も居ますが、外出先では流石に出来ませんよね…。そういう時は、清涼感のあるタブレットや飴などが効果的です。

 

自分の唾液の味に反応してしまう訳ですから、唾液の味を感じないように飴やタブレットでごまかす事でつわりが楽になります。清涼感のあるものだと気分も口の中もスッキリするので、更なるつわり軽減が期待できますよ。ガムなどでも良いですね。

 

また、唾液過多症は体の中にある毒素を唾液から排出している状態にあるので、一日の水分摂取量が少ない方が多いのです。一日に2リットルを目安に、こまめに水分補給を行う事で毒素の排出がスムーズになり、唾液過多症も軽減してくるでしょう。妊娠中は栄養素も水分量も妊娠前よりも必要となってきますので、しっかり摂取するように心がけると良いですよ。

 

また、飲料水は綺麗なお水または麦茶などのノンカフェインのものをチョイスしましょう。緑茶はカフェインが大量に入っているのでNGです。ウーロン茶も同じくカフェインが含まれていますし、胃にとっては刺激となるので控えましょう。少しクセのある味にはなりますが、ルイボスティーはビタミンCもポリフェノールも豊富で、食物繊維も含まれているので便秘にも効果的です。カフェインも含まれていないので、お好きな方はルイボスティーがおススメですよ。ビタミンCとポリフェノールの抗酸化作用で体の毒素排出が盛んになるので、唾液過多症も楽になる事と思います。

 

唾液過多症のつわりにお悩みの方は、飴やタブレットを上手に使いながら、しっかり水分を補給していく事を心がけましょうね。