つわり対策 ビタミンB6

MENU

ビタミンB6がつわり対策になるって本当?

つわり対策は様々で、つわりの種類や症状によっても変わってきます。良く言われるのが「酸っぱいものを食べるとつわりが治まる」という話ですね。確かに酸っぱいものを食べると多少スッキリはしますが、医学的根拠は特にありません。

 

二日酔いになった時の自分を想像して貰えれば分かると思いますが、二日酔いの時は食べるとスッキリするもの(グレープフルーツなど)や、気持ち悪さを紛らわせるサイダーなどが無償に飲みたくなりませんか?つわりもそんな感じで、酸っぱいものや炭酸を飲む事で「気持ち悪さ」を紛らわしているだけなんですね。

 

じゃあ、つわりに対して何も対策は無いのか?という訳ではありません。つわりには「ビタミンB6」が良いと言われており、つわりで入院した時に受ける点滴にもビタミンB6は含まれています。

 

ただ、こちらもなぜつわりに効くのかはきちんと解明されておりません。根拠が不透明な部分もありますが、実際につわりで苦しんでいる女性の中で数人にビタミンB6入りの点滴を行った所、ビタミンB6が配合されていない点滴を打った妊婦よりも回復が早かったという実績があります。妊娠中でも胎児に悪影響を及ぼす事なく安全に使えるという事もあり、ビタミンB6がつわりに良いとされているそうです。

 

しかしながらつわりで苦しむ全ての女性にビタミンB6が効くかというと、そういう訳ではありません。症状は改善するけれど、つわりの原因を考えると根本的な解決には至らないでしょう。

 

また、ビタミン類は過剰摂取分は体外へと排出されますが、長期に渡り必要摂取数を超える分を摂取し続けると、神経系に悪影響を及ぼす事も考えられます。通常の食生活をしていればビタミン不足に陥る事はまずありませんので、むやみにサプリメントなどで摂取しない方が賢明です。

 

もしつわり対策としてビタミンB6などのサプリメントを摂取したい時は、必ず主治医に相談する様にしてくださいね。